あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

大手企業(製造業)の会社、私の愚痴を聞いてください

超飛びジャンボ黒ひげ危機一発

どうも『ぴんすと』です。

 

私がこの工場に勤務して約3年半が経ちました。

結構大手で有名な会社です。

※現在は退職しています。

 

最初に言います。

 

ただの愚痴です。

 

そして私は契約社員(期間5年)。

 

以下は私の個人的な意見です。

  • 作業が単調過ぎる。
  • 異常過ぎる求められる作業速度。
  • ずさんな品質管理。
  • 確保されていない安全管理。
  • 報連相ができない管理職。
  • 敬語ができない社員。
  • 時代遅れの設備。
  • 中学生の工作みたいな設備改善。

などなど…

 

まぁ簡単にまとめると、忙しくてしんどいが時間が全く経たないという退屈地獄。

忙しいのに退屈?

っと思うかもしれませんが酷く退屈です。 

まぁ、工場ってそんなもんだろうと思うかもしれませんが、私的には最強クラスだと思っています。

 

そして、設備改善をお願いすれば、「お金がない」

 

やっと改善してくれたと思ったら方向性がおかしい。

 

そして、改善後の確認不足による設備トラブル発生(-_-;)

またか(-_-;)

これはこの工場の定番になっています。

技術さんが改善したところは必ずトラブルになる。

 

 

私が思うには、お金がないのではなく、

改善する《知恵》と《腕》がないのだと思います。

 

 

例①

設備の緊急非常停止ボタンが安全エリアセンサー内にある。

これではトラブル発生時に危険元に近づかなければなりません。

 

例②

設備改善が行われた後の連絡が無い。

実際現場で作業する作業者が何も知らない、連絡をもらっていないことが多い。

 

そう、報、連、相ができていないことが非常に多い。 

 

また、それ自体があまり問題にならない。

 

上記はほんの一例です。

その他、多々あります。

 

 

ただ、この会社の良いところ

  • 給料が良い。(残業代や深夜手当)
  • 働いている人がマジメ。
  • 元気がないけど皆さん優しい。

 

因みに、一緒に働いている正社員(30~40歳代)の平均年収は約500~600万円です。

 残業や夜勤の状態によりますが。

 

 

この工場が改善を頑張って欲しいところ

  1. 安全確保。
  2. 品質管理の徹底。
  3. 作業の効率化。
  4. メリハリを作る。
  5.  作業者目線での設備改善。

 

 

機械による自動化が進む世の中で、この工場は全く自動化が進んでおらず作業者の負担が非常に大きいです。

 

そして、その中でも所属場所による作業者の負担差が大きく不公平になっています。

一応、ライン作業という形になり、1ライン2名で前工程と後工程になりますが、そこでも大きく差があります。

 

また、1日あたりの生産数を全て終わるまで基本的に帰れません。

生産数はラインにより異なり、残業や夜勤はラインによって違います。

そして、給料も大きく変わります。

 

生産は、各設備を使い基本的に手作業で行われます。

そのため個人差があり、作業が速く要領がいい人は、早く仕事が終わるため給料が少なく、作業が遅く要領が悪い人と比べると

月約15時間(約3~4万円)変わってきます。

 

上司などからは当然、作業を急がせるような感じがあり作業場全体がそういう雰囲気になっています。

 

まず、適正な作業速度によるサイクルタイムの見直し。

 

誰がやっても同じものが同じスピードで出来ることが大切。

 

異常過ぎる作業スピードは、視野が狭くなり重大な災害に繋がります。

 

 

現場の管理者は、常に作業者の安全を第一に考え危険元や危険箇所に対する高い意識を持ち迅速に対応していただきたいと思います。

 

ちなみに私が危険箇所を改善依頼してから半年から数年経つ箇所もあります。

 

安全への意識が、工場全体でレベルが低いと感じています。

 

この会社の技術さんがこんなことを言っていました。

「指一本ぐらい無くなっても死なんやろ」らしいです。

これが、大手企業の技術さんの言葉か(T_T)

 

 

皆さん色々な事情があるのかもしれませんが、是非とも意味のある良き改善を頑張って進めていただきたいと思います。

そして、真面目に働いている作業者を守ってあげて下さい。

 

 

私のくだらない愚痴を聞いていただきありがとうございました。

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「安全第一」

 

 

 

 

 

『スポンサーリンク』