あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

ある会社を辞めたときのスピーチ

どうも『ぴんすと』です。

今回は、私がある会社を辞めるときの、最後の日に朝会でしたスピーチという話です。

 

不動産会社

今から約10年ほど前に、ある不動産会社に営業社員として勤務していました。

 

私自身、営業は未経験でしたし自分が営業に向いている人間ではないと思っていましたが、そんな自分を変えたくて、成長したくて挑戦しようと思いました。

 

しかし、営業の経験や住宅系の知識がないとなかなか採用してもらえないのが、この業界です。

どこの会社も即戦力が欲しいのです。

当たり前ですが。

 

とりあえず知識を身につけたい私は、宅地建物取引士(当時は宅地建物取引主任者)という資格があることを知り、独学で勉強し取得しました。

 

資格は取ることができましたが、それでもすぐに雇ってくれる会社はなかなかありませんでした。

やはり経験かぁと思いました。

 

そんなとき雇ってくれたのが、その不動産会社でした。

あまり評判は良くなかったですが、新築から中古または賃貸まで総合的に行っている会社でした。

(グループ全体営業約40名)

 

そして、この会社に勤務することになりましたが、ここからが地獄でした。

過酷だとは思っていたが、私の予想を超えた過酷さでした。

甘く見ていました。

 

 

そんな感じで僅か数ヵ月で退職することにしました。

数ヵ月ですが、2年ほど働いた気持ちです。

 

 

そして、最後の日

スピーチ内容

おはようございます。

皆さんご存知の通り僕は本日で退職いたします。

雇ってくれた社長を始め、課長、係長そして皆さんには、本当に良くして頂き、大変お世話になりました。

辞める理由としては、自分の弱さのみです。

そう…弱さのみです。

本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

ような感じだったと思います。

普通にお世話になりましただけで終ろうと思いましたが、自然と話していました。

 

 

特に社長には本当に申し訳ないと思っています。

数ヵ月でしたが貴重な経験ができました。

本当にありがとうございました。

 

 

特に面白くない話しですいません(汗)

 

 

では今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「コタツムリ」

 

ドンドン解ける!宅建士合格テキスト ’16年版

ドンドン解ける!宅建士合格テキスト ’16年版

 

 

 

わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2017年度 (わかって合格る宅建士シリーズ)

わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2017年度 (わかって合格る宅建士シリーズ)

 

 

『スポンサーリンク』