あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

六角レンチの選び方(*''▽'')使いやすい六角レンチは?

どうも『ぴんすと』です。

今回は、六角レンチについて書いていきたいと思います。

六角レンチセットを買おうと思っている方に、是非読んでいただきたいと思っています。

 

目次

 

PBピービー ボール付レインボーレンチセットパックナシ   212H-10RB

相棒の六角レンチ

私的に使いやすい六角レンチ

以外と違いがある六角レンチ

 

六角ボルトは様々な機械や自動車、オートバイなど幅広く使われています。

 

私は以前、製造の仕事で六角レンチを非常によく使っていました。

六角レンチがないと仕事にならないほど、設備のネジは9割ぐらい六角ボルトでした。

六角レンチは本当に相棒でした。

相棒を1本でも無くした時はパニックになり必死に探していました( ゚Д゚)

 

当然、会社でも共用の工具は用意してくれていましたが、六角レンチだけは非常に使う頻度が高く、取り合いになったり無くなっていたりと使いたい時に無い場合が非常に多かったのです。

そのため、

ほとんどの作業者は自分用の六角レンチを買い、持っていました。

そして、作業場には様々な六角レンチがあり、

様々な六角レンチを使う機会がありました。

 

 

まず、六角レンチの評価の仕方

  1. 片方の先がボール型になっていること。
  2. 先の六角形部分の精度
  3. 先の六角形部分の耐久性
  4. 値段。
  5. 収納ケースの耐久性と取り出しやすさ。

ボール型は非常によく使います、この部分の精度は非常に大事です。

また、ボールの精度が高いものはボール部分側で固く締まったボルトを外せる場合があります。

精度、耐久性はもちろん必要ですが、特に小さいサイズほど大事になります。

精度、耐久性がないものは使っているうちにボルト穴を潰してしまい、面倒くさいことになります。

 また、収納ケースが壊れると非常に不便です、ものによっては出し入れが困難なものもあり時間を無駄にロスします。

 

 

そんな中、作業者の間で使いやすい六角レンチが2つに代表されるようになりました。

 

 

 私が選ぶ六角レンチ2点

 

1つ目

・「PB Swiss Tools」

六角レンチのキング的な存在だと思います。

100%スイス国内で開発、製造しているみたいです。

スイス製って珍しいですが、精度と耐久性は素晴らしいです。

デメリットはお値段です(-_-;)

ただ、お値段以上の価値があると思います。

これを使うと他は使えないかも…

 

 

『スポンサーリンク』