あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

流行りの資格について

f:id:pinsto:20170205140713j:plain

 

どうも『ぴんすと』です。

今回は、資格ネタを書きたいと思います。

私は趣味と勉強の一環として少しですが資格に挑戦していました。ただ大人になってからの勉強はつらいよ(泣)。でもまぁ楽しかったです。

資格挑戦ってアスリートみたいなものだと思います、試験の日に合わせていかに知識をまとめていくか、また出題箇所などを予想し、問題文のひっかけ箇所に対応し、出題者と自分との戦いに勝った(合格した)ときは最高に嬉しいです。

 

目次 

 

資格について

世の中には様々な資格があり、最近では「医療事務」「調剤薬局事務」「保育士」など女性の方に人気の資格がランキング上位みたいですが(ユーキャンより)、本屋さんに行くと資格のコーナーにはたくさんの資格の本があります、その中でも「宅建」「行政書士」「FP技能士」の3つの資格は、参考書や問題集が多くあり、私的には不動の人気資格だと思います。

人気の理由は受験が非常にやりやすいためだと思います、誰でも受験できる、試験会場は地元などで近い、また宣伝効果の影響など。

実際、私もこの3つの資格全て真剣に挑戦したことがあります。

結果は

行政書士、勉強期間10ヵ月(約300時間)、余裕の不合格。

宅建、勉強期間6ヵ月(約250時間)、ギリギリ合格。奇跡?

・FP2級、勉強期間8ヵ月(約200時間)、ギリギリ合格。(勉強期間は3級分も合わせて)

という感じで、行政書士以外は取得することができました。

 

資格はよく「宅建」を標準基準に考えられることが多いですが、

私的の経験では、(上から難易度高い順)

  1. 行政書士
  2. マンション管理士
  3. 管理業務主任者
  4. 宅地建物取引士
  5. ファイナンシャルプランナー技能士2級
  6. 普通自動車第一種免許
  7. 危険物取扱者乙種4類
  8. ファイナンシャルプランナー技能士3級

マンション管理士は途中で挫折しましたが、あとは全て一応受験しました。1~3は取得できていませんが、またいつか挑戦したいと思います。

 

資格挑戦するなら 

私がいくつか資格に挑戦して思ったこと。

それは、

・資格には合格しないと全く意味がない。

資格には合格しないと意味がありません。極端に言うと1000時間頑張って勉強して不合格の人と、わずか2時間の勉強で当たり前のように不合格の人と、両者は第三者からすれば同じです。

・ハイリスク・ハイリターン。

当たり前ですが、難しい資格ほど勉強時間が多くなり合格率も低くなります。資格挑戦はお金が結構かかります、参考書、問題集、受験料、試験当日の交通費(駐車場代)、場合によっては会社を休むなど、資格にもよりますが、私的には1回平均2~3万は使っていると思います。また、勉強時間もバカになりません、その時間バイトしていたらと思うと…時給1000円×200時間=20万円。

・なんか世の中が、資格は必要だよ、就職に有利だよ、スキルアップだよって資格に踊らされている感じがする。あたかも資格を取れば明るい未来があるような感じで、じゃあちょっとやってみようかなと思うかもしれませんが、その道のプロでもない素人が半年ほどの勉強で取れる中盤資格などあまり価値は無いと思います。まぁ使い方によるのかもしれませんが。

資格は確かに必要な場合もあるし、勉強になるし良いと思いますが、人によっては取っても無駄な資格もあります。資格挑戦するときは本当に自分に必要かメリットがあるかよく考えた方がいいと思います。趣味ならいいですが、本気で将来のためと思う場合はお金や時間、その他のリスク、をよく考えた方がいいと思います。

 

最後に

・資格は本当に仕事に必要な場合。

・趣味でやる場合。

以外は挑戦するべきではないと私は思います。

 

例外的に無駄な資格と思っても、その資格をうまく使っている方も実際いるみたいなので、ビジネスセンスがいい人や頭のいい人はうまく使えるみたいです。

 

基本的に使える資格は、学校などに通い勉強し、それなりの時間とお金がかかると私は思います。

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「そろばん2級」って懐かしい。

 

※以下は、私がFP2級で使った参考書、問題集。この2冊で一発合格。

 

 

『スポンサーリンク』