あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

シーフードヌードル美味しいのに(T_T)

日清 カップヌードル シーフードヌードル 75g×20個

どうも『ぴんすと』です。

今回は、私が20歳の時に出会った、ちょっと変わった人の話です。

 

目次

 

出会い

その頃やっていた、豆腐工場での仕分けのバイトを一緒にやっていた人です。実際、一緒に仕事をしていたのは2~3ヵ月ですが、今思ってもインパクトのある人でした。

その人の第一印象や見た目

・歳は当時、35歳ぐらい。

・スキンヘッド。

・サングラス(仕事中も)。

・立派なヒゲ。

通勤は爆音のモンキーという小さいバイク。とにかく爆音。

まぁそんな感じの見るからにヤベー人。相当イカツイです。

(仮名、本田さん)

 

本田さんの謎

話してみると、とてもいい人な本田さんですが、見た目や行動から良く思わない先輩の人もいて孤立気味だったのですが。

謎が多い、

仕事中に片耳にイヤホンしている。(これはラジオらしい?)

・仕事中にサングラスしている。(これは、注意されて仕事中は外してました)

・謎の粉をポケットから出して舐めている?(噂です、真相は不明)

本田さんは、この仕事を統括している偉いさんの知り合いみたいですが、仕事に厳しい先輩などは仕事に対する態度などに怒っていて、喧嘩になる手前までいきました。結局は話し合い、最後には仲良くなっていましたが。

まぁ謎の粉が本当にあったのか?不明ですが…

 

そして、私は時間的に本田さんと2人で作業することも多くあり、色々な話をしていました。本田さんは面白くて、とてもいい人で、若かった私も可愛がってくれました。

 

そんな中、本田さんの伝説?謎?の行動を3つ紹介したいと思います。

 

本田さんの伝説①

ある日、出勤するとスキンヘッドの頭のあちこちから流血している(汗)

私が「どうしたんですか?」と聞くと、「なるんよ」って言っていました。

カミソリでの傷なのか?何処かで喧嘩?っと気になりましたが、それ以上は何も聞かなかったので、真相は不明です。ただ、傷は数ヵ所ありました、カミソリの傷と言えば…そうなのかな?

 

本田さんの伝説②

ある日、製造側のミスで仕分けができない状況になりました(この数日後、この工場は倒産します)。その時、本田さんはいきなりブチ切れてコンテナを投げて暴れ、その後、怒りが収まらないためか愛車のモンキーに乗って構内を空ぶかしして数分走って帰っきました。

まぁ、それで怒りは収まったみたいなので良かったのだろう…

でも、なんかヤベーなっと思いました。

 

本田さんの伝説③

これは、本田さん本人からの話ですが、「シーフードヌードル」のニオイがものすごく嫌いみたいで、ある時サービスエリアでカップルが「シーフードヌードル」を食べている時、ブチ切れてしまいカップルが食べていた「シーフードヌードル」を勝手に捨てて『違うの食べろ』っと言ってお金を渡したらしいです。

そんなイカツイ人に絡まれるとチビッちまう(汗)

その日から、少しの間「シーフードヌードル」を封印しましたww

美味しくて大好きなのに(泣)

 

以上、本田さんの伝説なのか?謎なのか?でした。

 

最後に

本田さんは、基本はすごい真面目な人ですし、面白いし、思いやりがありやさしい人なのですが、ブチ切れると結構ヤベー人みたいですね。

今は、どこで何をしているのか分かりませんが、ブチ切れることなく元気に暮らしていることを願います。

 

皆様も「シーフードヌードル」を食べる時は、本田さんに注意して下さいww

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「深呼吸」

 

 

 

 

『スポンサーリンク』