あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

小学1年生時の「給食」で悲劇?

変な給食

どうも『ぴんすと』です。

今回は、今年の4月から小学生になる我が子のことを考えると、私の最悪だった小学1年生の時ことを思い出します。

私の学校が嫌いになったのも、この時の担任の先生が原因です。

そういう時代だったのだろうか?

 

目次

 

何が?あったのか

当時の私は、背が低くガリガリのひ弱なタイプで、更に極端に大人しいという子供でした。少し髪が長いころは、女の子に間違えられるような子。

そんな私のクラス担任は、学校でも有名な超厳しい先生でした(おそらくベテラン)。

そして、私は特に「食」が細く、好き嫌いが多く、同じ年の子と比べると食べる速度も非常に遅かったので、「給食」が地獄でした。

この先生は、「給食」を残すことを許しません。

どんなことがあっても最後まで食べさします、

給食の時間が終わり、

その後は掃除の時間になります、

教室の掃除中は外に出て食べます、

もちろん地べたです、

外に出ていてもホコリっぽいです、

掃除の時間でも食べきれない場合は持って帰って食べろと、

ビニール袋を持参させ、

その袋に食べ残しのパンや野菜、魚などを入れ持って帰ります。

私の場合は、ほぼ毎日が食べきれないか、掃除の時間まで食べているという状態でした。

この年に、昼休憩に遊んだ記憶はありません。

毎日が拷問のようでした。

虐待では?

よく毎日、我慢して学校に行ったなと思います。

まぁ、まだ救いは同じような子が数人いてたことですね。

 

そこまでの教育が必要なのか?

食べ物を粗末にしてはいけないってことが大事なのは分かりますが、ここまでする必要があったのだろうか?

ホコリが舞うような状況で、更に外で食べさせるって食事をする環境ではないと思いますが。

そして、その間も嫌味とも取れることも言われます、「早く食べろ」「給食センター

に自分で食器返しに行け」「家に持って帰って絶対食べろ」みたいなこと。

また、給食を食べることが遅いため、黒板に書かれた連絡事項を「早く食べて書かな消すぞ」と言って先生に消され、書けなかった事があり非常に困ったことがありました。

もはやイジメです。

只々、従い耐えるしかなかったというか、それが当たり前だと思っていた。

あと、持って帰った給食は食べたことはありません、というか不衛生過ぎて母親も捨てりと言っていました。

横のクラスでは、普通に給食時間に食べれない場合は残飯に残すことが当たり前でした。

実際、私が2年生の時の先生は残飯に残すことが許されていました。

 

今でも恨んでいます

正直に1ミリも感謝などしていません。

只々、恨んでいます。

っというか、大人になってその先生の異常さが分かるようになった感じです。

私の母親も、あれは異常だったと言っています。

そもそも、まだ小学1年生です。

食べる速度や食べる量は個人差があります、大人でも。

好き嫌いは良くないですが、どうしても無理なものは誰でもあります。

この日々のせいで、私は「食」を100%楽しむことが今でもできないように思います。

この責任を先生はどう思うのでしょうか?

おそらく被害者は私だけではないと思います。

この先生は「給食」だけでなく他にも色々と厳しくて、私的に生徒は奴隷のようだったようにも思います。

生徒のことを思って厳しくしていたのでしょうが、私のようにトラウマになっている人がいてる時点で教育者として間違っているのでは?と思います。

 

最後に

今は、そんな虐待先生はいてないと思っていますが、私のような思いをする子がいないことを願います。

そして、学校はやんちゃな目立つ子や、親が文句を言う子が優遇され、大人しくて真面目な子が損をする傾向にあると私は思います。

全ての子を平等に見ることは難しいのかもしれませんが、真面目に頑張っている子が得をする学校や世の中になって欲しいです。

最近の学校や教育を知らないので、もうなっているのかもしれませんが…

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「ご飯は楽しく食べよう」

 

 

『スポンサーリンク』