あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

『ランドセル』かっこいいいいいい(検討編)


f:id:pinsto:20170309225319j:image
 

どうも『ぴんすと』です。

今回は、今年(2017年4月)から小学生になる子供の「ランドセル」が届いたので、「ランドセル」購入までの私の検討を書いていきたいと思います。

 ※届いたのは3月1日です。

 

私が検討した、2016年の一部の情報ですが、お役に立てれば嬉しいです。

 

目次

 

いつ買うの?

ランドセルはもう夏前頃には購入した方がいいです、油断していると欲しいランドセルは無くなっていきます。

なんでもいいのなら、逆に1月からの安売り時を狙うのもいいと思います。

が、人気のランドセルは8月中旬頃には無くなっていました。

 

私の場合、8月の盆休み頃から本格的に探し始めて休み明けに注文としようと思ったら、1週間前までネットでは「在庫あり」だったのに、まさかの全て「売り切れ」妥協して2番手の商品も、3番手の商品も「売り切れ」…ウソでしょorzって感じでした。

おそらく、みんな考えることが同じなのかな?

 

私の結論は、ランドセルは「5月から考える」です。

早過ぎて考えにくいですが、油断していると無くなります。

 

5月頃から気になる「ランドセル」の展示会などの日程を調べ、現物を見て検討し8月前に購入する。っがいいと思います。

今思えば、そうしたかった…

 

ランドセルの選び方(私的)

私は、センスがいいのか?悪いのか?分かりませんが、特にこだわりが強く納得いくもの…って感じなので、結構迷い探しました。

っといっても、実際に展示会などには1回も行ってません、行きたかったのですが、気付いた時には終わっていた、又は地方のため遠い、基本出掛けるのが嫌い。

 

では?いったいどうやって探したか?

ネットのサイトやブログ、またはランキングなど、特にGoogle画像はお世話になりました。

まぁ、画像だけで決めるには結構勇気が要りましたが… 

 

私(と子供)の条件

・黒をベースに、ポイントで1色(子供は青が希望)

・形はシンプルでカッコイイもの、でも、他と違う感じ

・あとは、全体的な見た目。

 

私が注目した3つ

ネットでの様々な情報や、ショッピングモールなどで実物を見た中で気になった3つ。

 

・萬勇鞄

・池田屋

・adidas(アディダス)

 

※ここからは、私の個人的なイメージの感想です。

また、男の子目線です。

 

萬勇鞄

かなり人気がある高性能ランドセル。売り切れ注意です。

デザイン的にも、落ち着いた感じのカッコ良さでいい感じ。

実際に買おうと思って1週間、考えている間に売り切れてしまった。

私が欲しかったモデルが、騎士をイメージした感じのデザイン。

黒にゴールドのラインがカッコイイ(^^)

 

Lily Crest(リリークレスト)

 
f:id:pinsto:20170308210611j:image


f:id:pinsto:20170308210626j:image

 

※詳しくは下記へ

www.manyu-randoselu.jp

 

 

池田屋

妻が資料請求していた中で一番気になった高性能ランドセル。

定番って感じのランドセルで失敗は無いだろうというイメージ。

ただ、派手なランドセルが増えているので、シンプルで少し物足りなさを感じる。

私が検討したモデルが、黒に青のステッチでカッコイイ(^^)

 

【756】マットクラリーノ カラーステッチ、カラー:クロ×ブルー

 
f:id:pinsto:20170308210646j:image

 

※詳しくは下記へ

www.pikachan.com

 

 

adidas(アディダス)

アディダスのランドセルってあるんだなっと思いました。

流石、スポーティーな感じが出ています。

なんと言っても「ロゴ」がオシャレな感じです。

気に入ったポイントは、背中側が色付きなのでカラフルさが面白いところ、内側に大きく「ロゴ」がデザインされているところ。

ただ、スポーティーなデザインを好むかどうか?っと色合いが好きかどうか?

私が検討したモデルは、黒に青がカッコイイ(^^)

 

eキューブタイプ35617 (ブラック/ブルー)

 

 

最後に

良いランドセルがいっぱいあって選ぶのが大変ですが、とても面白かったです。

 

6年間使える耐久性と、使いやすい高性能なランドセルを作ってくれている職人さんに感謝です。

 

次回は、私が実際に購入したランドセルを紹介したいと思います。

 

www.amenooto.com

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「日本の技術」

『スポンサーリンク』