あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

自然のイルミネーション「ホタル」は最高

どうも『ぴんすと』です。

今年もこの季節がやってきました。

 

ホタルが美しく輝く季節。

自然界の最高のイルミネーション。

 

私が子供のころから、ほぼ毎年見ているホタルですが、毎年見ていても飽きない美しさ。

 

ホタルがよく見られる条件

・時期、6月上旬頃(この辺りでは)

・時間、夜7時半頃~9時頃

・風がなく、むしむしするような湿度の高い暖かい夜

・月明りがなく、曇っている夜

等々。

 

※私は、毎年6月10日頃鑑賞に行っています。

今年は、6月2日は行き、あれっ?早過ぎた…2~3匹でした。

もう一度と6月8日には、ある程度舞っていましたがピークではありませんでした。

今年は少ないのか?時期がまだ少し早いのか?条件が悪かったのか?上記の条件で考えると、ほぼ満月で月明りで道が良く見えたかな?(6月の満月は6月9日)

 

私の「ホタル」スポット 

この辺りも昔は地元の人ばかりでホタルを見にくる人も少人数でしたが、最近は有名になったのか見にくる人も増えました。

 

そして、いろんな観賞スポットがありますが、近年私がお気に入りのスポットは、約15年以上前に道路拡張工事のため一部川の位置を移設した人造の川ですが、今では美しいホタルが見れます。

 

車が駐車しやすく、50mほど歩けば、川沿いに幅員約1.5m程度のコンクリートの道が、100mほどあります。そのコンクリートの道を、サッと行って、ホタルにサッと癒され、サッと帰ってこれる。

 

ただ欠点は、メインの道路が近いため通行する車のベッドライトが若干邪魔になる(T_T)

まぁ通行量は少ないですが…

 

 

みなさんも自分のお気に入りのホタルスポットがありますか?

田舎の人なら必ずありそう。

 

 

写真撮ってみましたが…(-_-;)

全く分かりません。すいません(T_T)
f:id:pinsto:20170609170120j:image

・iPhone 6s撮影
f:id:pinsto:20170609170138j:image

・XPERIA SO-03F撮影
f:id:pinsto:20170609170151j:image

スマホが古いですが…色合いが違う?

しかし、ホタルの写真は難しいのです(ToT)

 

最後に

ホタルは以外と簡単に捕まえることができますが、禁止されているところも多いのでやめましょう。

昔、私の父親はタバコの火でホタルを誘き寄せて素手で捕まえていました( ̄□ ̄;)!!

すぐに逃がしていましたが…

タバコの火に寄ってくると言っていたが、本当か?不明。

絶対にマネしないで下さい。

 

ホタル観賞注意事項

・懐中電灯でホタルを照らす行為禁止。

・ホタルをフラッシュ撮影禁止。

・ゴミのポイ捨て禁止。

・暗闇なので、足元に注意!

・危険なヘビや虫などに注意!(特に草むらなど)


f:id:pinsto:20170609170216j:image

・ここも行ってきました(^^)


 

みんなで自然の最高に美しいホタルのイルミネーションを楽しみましょう。

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「これからもホタルが見れる環境だといいですね」

 

 

追加記事

※非常に遅いお知らせですが本日です(-_-;)すいません。

 

和歌山県田辺・龍神村で6月9日「ホタル祭り」

この地域では、美しいホタルが見れる「ホタルの里」と呼ばれ、ホタル観賞ツアーなども行っていたみたいですが、川の氾濫による水害によって生息していたホタルの幼虫や餌のカワニナが流され美しいホタルが姿を消し絶滅状態に。

「ホタルの里」の復活を目指し、2014年にホタル養殖に取り組むが、2015年6月に舞ったホタルはわずか数匹。

試行錯誤を重ね2016年6月には、約50匹のホタルが美しく舞った。飛んだホタルを産卵させ、約3000匹を孵化。

そして今年、復活に向けた「ホタル祭り」。

blog.livedoor.jp

 

 

関係者の方々の努力が実り、美しいホタルがたくさん舞う姿を見れるといいですね。

ホタルの環境が壊れとすぐに取り戻すことは難しい。

でも、自然豊かな地域なのでいつか天然のホタルが美しく舞い、以前のような美しい「ホタルの里」になると私的に思っています。

『スポンサーリンク』