あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

30代「A君」就活の話 【3話】

どうも『ぴんすと』です。

今回は、【3話】です。

 

【1話】

www.amenooto.com

 

 

【2話】

www.amenooto.com

 

 

ここからが本当に悲劇?かもしれない…

 

 

ここまで短期間で数社退職した「A君」…

これまでの経験から相当警戒するようになります。

 

 

※ここで「A君」の就活方法を紹介します。

彼のやり方は、職安などで見つけた求人から、その会社に直接自分で電話するというやり方です。

一般的には、職安の方に「この会社に…」っとお願いし、職安の方がコンタクトを取ってくれるパターンが多いかと思います。

 

そして、どういった仕事内容なのか?確認し、工場見学を希望します。っという積極的なアプローチをするみたいです。

 

 

〈7社目〉

この会社は採用されますが、断ります。

理由は、非常に重い物を持つため高確率で腰痛になるらしいです。 

 

 

〈8社目〉

ここで、本当の悲劇が…

この会社で「A君」は、完全に自信を無くし、就職恐怖症のようになってしまいます。

 

まず、この会社にコンタクトを取ると、すぐに社長さんから「工場、見に行ってこいよ」と…

社長は本社にいて、この会社は工場が数ヵ所あるみたい…

 

っで、見学にいくと事務の人っぽい方が工場を案内…

っでも全く人の気配が無い…

そして、とにかく暑い…当時は丁度夏場だったみたい。

そして、やっと働いている方に遭遇…

70歳近いおじいちゃん…

 

「A君」は、ちょっと「あれっ?」っと思ったみたいです。

 

直感的にこの会社はやめておこう…

 

 

そして、その日の夕方、社長さんにお断りの連絡をしよう思っていたら…

 

社長さんから「どうやった?」っと連絡がきました。

A君が「すいません…」っと、お断りをすると…

 

社長さんは「まぁそんなこと言わず、一回働いてみなよ…」

 

A君「有難いですが…」

 

っと、

 

「募集、正社員じゃないけど、若いし最初から正社員にするから…」

 

っと、約30分も説得され、最初から正社員ならと…

 

働くことに…

 

そして、初日…

 

働いている人は、おじいちゃんおばあちゃんばかり…

そして、必死に頑張るA君。

 

暑い(-_-;)

暑い(-_-;)

暑い(>_<)

 

汗が止まらない…

 

水分補給をしているが…

 

クタクタになった初日…

 

そして、復活しないまま2日目…

 

汗が止まらない…

 

もう汗というより、サラッとした無臭の水がでるらしい…

そして、小便が一切出ない(-_-;)

 

限界を超えた2日目、家に帰ってからも尋常じゃないしんどさ、頭痛も…

 

母親に近くの内科に連れていってもらうことに…

 

すると、その尋常じゃない感じのため、先に診てもらえることに…

 

 

すぐに大きい病院にいきましょう…

 

そして、検査…

 

熱中症!

 

 

私は、よく分かりませんが、重度の熱中症になると内臓が損傷を受け、死亡することも…

 

結構ヤバイ状況で死にかけた「A君」

 

その後、1ヵ月以上は自宅療養になりました。

 

 

勿論、3日目で退職します。

 

仕事内容的には問題無かったですが、環境が悪すぎました。 

 

しかし、おじいちゃんおばあちゃんは大丈夫なのか?

しかも、あまり水分補給をしないらしい…

「 兄ちゃんよく飲むなぁ」って…

 

 

皆さま、熱中症にはご注意下さい。

 

 

まだ、つづく「A君」の就活…

よかったら見て下さい。

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「死に至る…」

 

TANITA デジタル 簡易熱中症指数計 TT-553-OR

TANITA デジタル 簡易熱中症指数計 TT-553-OR

 

 

『スポンサーリンク』