あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

農家でアルバイトヤバい!


f:id:pinsto:20170316153209j:image
 

どうも『ぴんすと』です。

今回は、農家で「みかん狩り」のアルバイトをしていたときの話です。

 

ある会社で、精神的に参ってしまい「コンナワタシニナニガデキル?」っという状態で、その会社を逃げるように辞めました。

そして、退職した翌日から山で「みかん狩り」のアルバイト。

知り合いの知り合いの親がやっている農家さんですが、私は全く知らない初対面の農家さんでした。

とりあえず、次の仕事のあても無いし、その知り合いの方も暇なら手伝ってということで、軽い気持ちでアルバイトにいきました。

 

目次

 

アルバイトの詳細

・時給、1,000円

・時間、朝7時~15時(昼休1時間)、1日7,000円

・休日、基本無し(雨天休日、その他雇い主の都合により休日になる。大体週1日程度の休み)

・期間、収穫終了まで(約2ヵ月半)

・作業服、靴、手袋、その他は自前。(収穫かご、はさみは貸出)

 

まぁ、こんな感じです。

ちなみに、通勤時間は約10分でした。

 

開始3日目でヤバい!

超過酷だった。

・当たり前ですが、山なので斜面が多い。

・更に、落ちたらヤバそうな崖もあり。

・高い位置の実は木に登って収穫が当たり前。

・肩から下げている収穫かごがめちゃ重い。

もちろん、全身強筋肉痛!

 

開始、約一週間さらに追い打ちが…

少し慣れ、筋肉痛の状態でもなんとか働いていたころ、左目の上を虫に刺され、酷く腫れ左目が半分しか開かない状態に。何に刺されたのかは不明。

11月頃ですが、大自然の中なので暖かい日は蜂さんもよく飛んでいました。(秋頃はスズメバチには要注意!)

まぁ、虫は多かったですね…

「蜂」「蜘蛛」その他正体不明の虫。でも、一番多かった虫は「カメムシ」です。小さい茶色いヤツ、冬眠しているのか果実と葉っぱの間に大量にいました。

 

そして、さらに追い打ちが…

開始一週間ほどの、ある日の仕事終わりに雇い主から「兄ちゃんの仕事やったら時給分も取れてないわ」っという一言、その夜に仕事を紹介してくれた知り合いから「しんどいならもう辞めとくか?」と電話がありました。

マジか…そこまで手を抜いて作業していたわけではないのですが、確かに雇い主は70代前半の「旦那さん」と60代後半の「奥さん」ですが、収穫スピードがめちゃくちゃ早く、私の2倍以上のスピードだったと思います。

 

遠回しに私は「クビ」っと言われたわけですが、これには理由がありました。

 

ここが今回の記事で一番大切なところです!!

 

その日は、比較的平地での作業でした。そのため、私は収穫かご(この地域では「魚籠」(びく)、と言います)を地べたに置いて作業していました。

 

まさに「その行為が農家的に超NG」だった。

 

「魚籠」(びく)は、どんな時でも肩に下げ作業しなければいけないみたいです。

何故なのかは不明ですが、作業効率が悪い?リタイヤしたいと思われる?昔ながらのなにかがあるのか?

実際に確認していないので分かりません。分かる方は教えてください。

 

その後、本気になった

「クビ」を宣告された私ですが「大丈夫です、やります」と言って、ここから本気になりました。

 

・まず収穫スピードを上げなければなりません。

そのための必須な技が、みかん狩りのベテランさんなら必ず行っている

「片手取り」です。

右利きの方なら、左手でみかんの枝を持ち上げ、右手だけで果実を持ち、はさみを使うという高難易度の技です。

もちろん、果実に傷をつけることはNGです。そして、茎のカット位置も大事です。

 

そして、私はこの技を8割程度マスターすることができ、収穫スピードも雇い主とほぼ同等近くまでになりました。

 

そして、最速で収穫できるルートを考えるなどして、ただ取るだけでなく頭で考え仕事をしていきました。

 

すると、雇い主の変化が…

・週末にボーナスが出た。(商品券、お酒、みかん1箱など)

・昼食にカップ麺支給。たまにおやつも。

・「来年も来てくれ」と言ってくれた。

 

「来年もきてくれ」が一番嬉しかった、自分が良い評価をされたことが、前職で「コンナワタシニナニガデキル?」状態だった私でも、まだ何かできるとことがあると思えるようになりました。

 

わずか2ヵ月半という期間でしたが、人生の大先輩の話も沢山聞かせてもらい大変勉強にもなりました。

私の中で、この2ヵ月半は「山での修行」と感じています。

 

私的に過酷な2点!!

・このアルバイトで一番困ったことが、トイレが無い!

わたくし、食べるとすぐ出る体質なので…非常に困りました。

 

・そして、もう1点は、12月頃の早朝は非常に寒く、更に果実や葉に「霜」がついていて手袋が濡れます。寒い上に手袋が濡れているので手が究極に冷たくなり非常に辛い。

 

 

最後に

もし「みかん農家」にアルバイトにいこうと思っている方は、

・魚籠(びく)は置いて作業しない

・虫は多いが我慢

・寒さに耐える

・服はドロドロになる

・トイレが無い

という過酷な状況かもしれないと思ってください。

 

ただ、私的に面白いとは思います。

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「農家は大変」

 

プチ情報、同じ農家さんでも様々な品種の「みかんの木」があり、品種、木の場所によって味が違いました。

美味しいものは、ジュースより美味しいです。

『スポンサーリンク』