あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

あおり運転する小脳動物への対処法

どうも『ぴんすと』です。

今回は、流行りの「あおり運転」などについて適当に書いていきたいと思います。

ドライブレコーダーステッカー【ドラレコ録画中シール】あおり運転対策に10cm2枚(大) (レッド)

 

私的に、東名のあおり運転の件は、あおり運転がどうだの言うより、そもそも殺人行為で殺人罪じゃないのか?

あおり運転と、車を無理に止めさせ降りて揉めにいく行為は別物ではないのか?

そこまでして、怒る人の神経はよく分かりませんが…

 

 

あおり運転自体は、昔からよくあることで…

 

まだまだ、大人しい方々がニュースなどに取り上げられているなぁと感じるのは私だけ…?

 

 

車で街中を走っていると、色々な人に遭遇します。

 

人?

動物?

動物以下の人…?

 

※まず、頭の可笑しなバカは相手にしないことが一番だと思います。

 

 

相手が人間だからという期待…

人間なら、人ならこうするという固定観念…

 

は、やめるべきと考えます。

 

 動物が道路に飛び出して来たら、大体の人は避ける…

道路にイノシシが飛び出してきて、わざわざ戦いにいく人も少ない…っと思う。

 

彼らはその動物以下の存在です…

否、動物の方が遥かに賢い!

 

そんなバカを相手にする時間、労力は最悪に無駄です。

 

 

そして、想像を遥かに超えるバカが世の中にはちょいちょい居るということを考えなければならない…

 

 

っが、どうしても我慢出来ない時…

やむを得ない時…

 

 

私なりの対処法を適当に考えてみました…

 

※下記の行為には、道路交通法やその他の法に抵触するおそれがあります。

なお、バカを刺激してしまい思わぬ損害、生命の危機に陥る可能性もあるためご注意下さい。

 

後ろにぴったり張りつかれ、煽られた時など…

 

・アクセルONのまま左足偽ブレーキ

 ・ダート走行小石飛ばし

・車高短ウネウネ走行

 ・超低速シルバーさん走行

 ・1速&サイドブレーキ

 

などなど…

 

オススメは左足偽ブレーキ連打です。

 

そして大事なことは、ごく自然に行うこと。

ブレーキが必要だからブレーキする、速度を落としたいから落とす、道に段差があるから避ける、制限速度が40キロだから…っと…

 

 

※でも、上記の行為はバカを相手にするバカな行動なのでやるべきではない…

 

 

そして一番のNGは、挑発に乗って法定速度を遥かに超え走行することです。

 

 

ただ、一般道で時速120キロを超えて走行すると、煽られる可能性はグッと下がるような気がします。

 

そして、180キロぐらいで煽られると逆に相手を尊敬してしまいます。多分…

 

 

そもそも「煽り運転」って何?

判断基準は?

あからさまな行為だと分かりますが、微妙なラインの行為も多い…

 

 

次に、上記の記載の行為によって相手が必要以上の行動に出たときの対処法…

 

・車を無理に止めにきた

 

車を降りて何かの暴力行動にくる可能性が高いので、

まず、落ち着いてドアロックをして下さい。

 

逃げれるならすぐに逃げて下さい。

逃げるが勝ちです!

 

不可能なら動画撮影をして楽しんで下さい。

サファリパーク気分でその動物を鑑賞しましょう。

近くに手頃な果物などがあれば、そっと与えてみても面白いかもしれません。

 

でも、おそらく肉食動物なので、十分注意して下さい。

 

そして、隙があれば急がず普通に逃げましょう。

 

尚、必要以上に追いかけてきた場合は、最寄りの警察署に安全運転でいきましょう。

2人以上乗車している場合は、110番通報しながら逃げましょう。

 

 

・幅寄せしてきたら

できれば避けて逃げましょう。

 

無理なら停車しましょう。

車が動いていたか?止まっていたか?過失割合に大きく影響すると思います。

 

 

※そして、緊急事態なので、クラクション、ハザード、パッシングなど何を使ってもいいと思います。

「緊急を要する危険がある」ことを周囲に教えることが、あなたのするべき行為、使命だと思います。

 

そして、相手を特定できる「車のナンバー」は勿論、できればその写真や動画で、危険運転、迷惑行為などの証拠を残しましょう。

 

 

・ドラレコあるといい

ケンウッド(KENWOOD) WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830

ケンウッド(KENWOOD) WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830

 

 

 

また、車外で揉めるようなことになった場合は…

出来る限り外に出ないこと…

相手が武器などを持っている可能性もあります。

そして、そういった暴力行為を得意とする可能性も高いです。

(鉄パイプ、ゴルフクラブ、金属バット、模造刀、ナイフはよくあります。) 

 

 

・戦う場合…

喧嘩やもめ事に自信がある方はやり過ぎないよう自己責任でどうぞ…

 

その他の方は、催涙スプレーで撃退…

催涙スプレーの購入が面倒な場合は、適当に虫除けスプレーをかけ「早く洗った方がいいよっ」と言って逃げる。

もしかすると、キンチョールやゴキジェットが効果あるかもしれません…

 

 

※ただ、車内への放置は危険!

 

 

 本当に、

 

バカを相手にせず逃げるが一番です。 

 

・窓を閉め切り、ドアロックをする。

・ハザードランプを点灯する。

・スマホのカメラをビデオにして録画する。

 

 

もし、鬱陶しい怒鳴り声などを聴きたくない場合は…

 

・オーディオの音量を大きくして何を言っているか分からないようにする。

・クラクションを鳴らし続ける。

・シフトゲートを「N」か「P」にして、空ぶかしして遊ぶ。

 

 

一番は、何事も無く目的地に到着すること…

 

道中の異物は、避けて通ることと思います。

 

バカを相手する暇など無い…

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「これならあまり煽られ無かった…」

 

f:id:pinsto:20181214202820j:image

 

www.amenooto.com

 

 

『スポンサーリンク』