あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

紀の国住宅について【和歌山マイホーム】

どうも『ぴんすと』です。

はじめに、住宅系関係者ではない私が、ただ個人的な意見として書いています。

基本、ネットの情報なので、最新の情報なのか不明確なところもあるため、正確な情報を知りたい方は直接住宅会社さん等に確認してください。当ブログの内容はあくまで参考程度にお考えください。

 

和歌山で、マイホームを検討中の方などに、少しでも役立つ情報を発信!

 

今回は、「紀の国住宅」さんについて書いていきたいと思います。

 

紀の国住宅さんも和歌山では非常に有名な住宅会社、和歌山県で年間新設住宅着工戸数1位になった年もあるぐらい有名で売れている住宅会社さんだと思います。

 

紀の国住宅さんも分譲地を多く持っていますが、土地から家を売るタイプの住宅会社と少し違う感じはします。

っが、完全に建物を売りにするタイプでもないような気もします。

 

 

紀の国住宅さんの家

木造軸組工法ですが、とにかく強い基礎と、頑丈な木の家。

そして、一流職人さんの技術で、木を多く使い、木で強い家を造るらしい。

柱の量を通常の約1.5倍に増量して、耐震、耐久性を大幅に向上させているみたいです。

 

断熱材は、吹き付けの硬質ウレタンフォーム。

 

また、紀の国住宅さんのオリジナルとして、「BW壁工法」という、壁全体に無垢の杉板を貼り、木の特性である調湿性を活かし、壁内の結露を防ぐらしいです。

 

全商品仕様に対して耐震等級3、耐風等級2相当の仕様。

そして、おそらく長期優良住宅だと思います。 

 

もう最近では当たり前になっている長期優良住宅、確かに長期優良住宅であるということは、一定の基準をクリアしている良い住宅ですが、必ずその認定が必要かというとそうでもない場合もあります。

長期優良住宅の認定のメリット、デメリットをよく考え勉強して決めましょう。

 

 

個人的な感想!

外観は今風のシンプルモダンでオシャレな感じが多い…

 

そして、室内は木のぬくもりを感じられる。

 

ローコストの木の家というイメージか…

 

ただ、ここが自慢という、売りが少し弱い気はします。

 

基礎を強くつくるなどは当たり前のことだし、ゆるやかな階段と言われても、あっそうなの…程度にしか思えない…

 

ウェブページは、美しくできているので少し勿体ない気もする…

 

そういえば、社内にインテリアコーディネーターさんもいたような…

 

欲しい土地が、紀の国住宅さんの建築条件付きの場合なら検討対象になるが、建物だけなら正直私は微妙です。

私的には、予算に余裕があり建物だけで住宅会社を選ぶ時、「アズマハウス」さん「こうふくホーム」さん「紀の国住宅」さんは避ける可能性は高いです。

ただ、3社とも和歌山では非常に実績のある売れている住宅会社で、信頼できる住宅会社だと思います。

 

あと、担当が辞めて…みたいなことも多いみたいですが、それはどの住宅会社さんでも同じです。特に住宅営業は業務がハードなためか、辞める人は多い傾向にあるみたいです。

 

マイホームはよく営業担当で選べと言われますが、私的には家や設備をしっかりみて選べと思う。

確かに、これから一緒に家づくりをする営業担当との相性は大事ですが、良い家が建つかどうかと営業さんはあまり関係ないような気もします。

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「求人募集は多い…」

『スポンサーリンク』