あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

関西サイクルスポーツセンター「サイクルリュージュ」が面白い

どうも『ぴんすと』です。

 

f:id:pinsto:20191209223659p:image

 

少し前に、関西サイクルスポーツセンターへ行ってきました。

 

結構、山にあるので景色が綺麗です。

 

f:id:pinsto:20191129183536j:image

 

夏場のプールは楽しそう…

 


f:id:pinsto:20191123015504j:image

f:id:pinsto:20191123015509j:image

 

 

・変わり種自転車

少し変わった様々な自転車に乗れます。


f:id:pinsto:20191123215515j:image

f:id:pinsto:20191123215520j:image

 


・サイクリングコース

自転車を借り全長3kmのサイクリング…

f:id:pinsto:20191123215545j:image

 

ハッキリ言って、時代遅れ感が強めな関西サイクルスポーツセンター…

 

初めて行く方は、それなりに楽しめそうです…

 

っが、

 

何かイベントが無いなら、正直イマイチです。

 

 

でも、これだけはなかなか面白いので是非やってみてください。

 

 

・サイクルリュージュ

タイヤの付いたソリを自分で運転し、急勾配を駆け抜けるというなかなかスリルあるアトラクション。

 

f:id:pinsto:20191215024904j:image

 

3歳以上で身長120cm以上の子供なら1人で乗れます。(大体小学2、3年生ぐらい…)

3歳以上で身長120cm以下の子供は、保護者と一緒に2人乗りできます。

 

乗り方!

ハンドルを手前に引き「N」にすると進み、「B」まで引っ張るとブレーキ。

「N」にするとブレーキされていない状態になり、坂道を下っていけるというもの。

走行中は「N」と「B」しか使いません。

 

※走行中に手を離し「P」にしてしまうと、急ブレーキがかかり、大人でも飛ばされるほど非常に危険です。

 

また、コース上で停車し、ソリから降りる行為は危険なので禁止されています。そして、後続車の迷惑にもなります。

っが、

ヘアピンなどのコーナーで、ブレーキをかけすぎると止まってしまう可能性があります。

もし、止まってしまった場合は、ソリから降り自力で加速させるしかありません。

スタートするとゴールまで係員はいません。

この時も、途中で停車してしまった子供がいました。

ふざけていると結構危ないアトラクションです。

 

f:id:pinsto:20191129183415j:image

 

ただ、このアトラクション非常に人気で待ち時間が長いです。休日なら約30分は待つ必要があるかも…

 

毎回、乗り方の説明をするため待ち時間が長くなっている気もします。

フリーパスで何回も乗っている人も、同じように無駄な説明を毎回受けます。

待ち時間に上手く説明できないのか?

 

プールのウォータースライダーのように、一定感覚で常に誰かが走行している状態に、全くなっていないと思う…

人員不足か?

ソリも余っていることが多い。

 

 

f:id:pinsto:20191129183507j:image

 

キャンプエリア…

 

 

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「ヒーローショーは面白い…」

『スポンサーリンク』