あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

少年野球はやるべきか?

野球盤 3Dエース

私が少年野球に思うこと?

私は小学3年生~小学校卒業まで軟式少年野球団で野球をしていました。

 

小学生の頃の私は、

・体が弱く。

・背が低く。

・大人しくて気が弱い。

みたいな子供でした。

(まぁ今もかなw)

 

 

野球を初めてから色々なメリットがあった。

・体が強くなった。

・身体能力が高くなった。

・体力、持久力が高くなった。

・精神的に強くなった。

などなど、色々とメリットがあったと思います。

 

そして、野球を通して様々なことを学びました。

「礼儀」

「感謝」

「チームワーク」

などなど、今の私の財産だと思っています。

 

どのスポーツでもそうですが、野球も非常に頭を使うスポーツです。

場面場面でどう動くべきか考えて行動する。どう動けば速く動けるか、など体の使い方も上手くなると思います。

 

将来、社会で仕事をする際にも大きく役立つと思います。

 

 

と、本当に思います。 

 

 

が、

ここからが本題です。

私自身、少年野球時代は地獄だと思いました。

野球=しんどい、厳しい

 

毎週の土曜日曜日、また祝日は野球ばかりで遊ぶことはほぼできませんでした。

周りの人達は家族でお出かけしたり、家でテレビゲームしている中、ひたすら野球です。

 

それでも、野球は大好きだったし、もちろん仲間もいたので、ただ普通にボールとバットで楽しい野球をするならいい思い出になったのでしょう。

 

何が地獄なのか?

その少年野球チームの監督が非常に怖い人でした。

特に試合などでは失敗すれば怒られるし、よくあるケツバットなどもありました。

 

その監督さんは子供好きだったから私達に野球を教えてくれたのでしょうが、周りの仲間は次々と辞め、約3分の1以下の人数になりました。

 

褒めてもらえることもありましたが、1褒めて9怒られるイメージでした。

 

チームメイトの間でも、その監督が来ない日は「伸び伸び野球」と言っていました。

 

 

チームメイトはどう思っていたか分かりませんが、

当時、私の気持ちは、

いい試合をして負けて早く帰りたいと思っていました。

打者時はいい当たりをしてアウトになりたい。

守備時はボールが飛んで来て欲しくなかった。

全て怒られる回数が増えるリスクを避けるためです。

 

試合に勝ちたいと思ってこともあまりありません。

自分達が監督のコマであり、言われた通りに動く、ミスすると怒られる。

何が楽しいの?

 

「声を出せ」ってなんのために?

「根性、気合い」?で、

取れないボールが取れますか?

打てない球が打てますか?

 

確かに気持ちは大事ですし、安全のため声の掛け合いも大事です。

が、過剰に求めることはどうなのでしょう?

 

私には無駄なことにしか思えませんでした。

 

 

多分、私はいつの間にか相手チームではなく、その監督と試合をしていたのだと思います。

 

勝つメリットよりも、怒られるデメリットが大きく感じたのだと思います。

 

こんな私は早目に辞めておくべきだったのかもしれません。

 

でも、楽しくできる野球は大好きでした。

 

 

少年野球の指導者の皆様

まず、子供達に野球の

「面白さ」

「楽しさ」

「素晴らしさ」

を教えてあげて下さい。

 

みんなで勝つ喜び、みんなで掴む勝利の素晴らしさと感動。

 

そして、たくさん褒めてあげて下さい。

 

当たり前に皆さんやっていると思いますが。

 

 

最後に、私は別に監督を恨んでいるわけではありません。

良きも悪しきも私がいろんな成長をできたことには変わりません。

監督ありがとうございました。

 

 

では今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「ピッチャーでした」

 

Promark(プロマーク) 速球王子 LB-990BC

Promark(プロマーク) 速球王子 LB-990BC

 

 

『スポンサーリンク』