あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

製造業で部門を選択するとき

どうも『ぴんすと』です。

製造業で部門を選択するときは、製造以外を選ぶべき

※これは会社によって様々で、ただの個人的な意見です。

一概にどの部署が一番良いと言えることではないのですが、製造部門は避けた方がいいと思う。

新卒などは製造部門以外の部署に配属するという会社も多い。

 

個人的には、「開発」か「技術」、または「総務」がおすすめ。

開発や技術は、それなりに経験となり、転職する際も役立つことが多い。

 

「品質管理部門」は微妙な気がする。

品質管理部門は、製造部門から嫌われることが多くストレスが溜まる部署かもしれません。

製造部門からするといちいちうるさいことを言ってくるうっとうしい部門が品質管理部門です。

また、作業方法が変わったり、チェック項目が増えたりと、それが製品のため、会社のためだとしても頭が固く古い考え方の製造部門の人達は生産数が下がる、または自分が楽できなくなると怒ります。

 

逆に、「生産技術」や「設備保全」などは、製造部門より上の立場になることも多く、製造部門と良好な関係の場合が多い。

設備が壊れ、製造部門では対応できない場合に対応してくれるのが生産技術や設備保全です。製造部門からすると直してもらっているという状態になり、なんとなく立場が上っぽくなります。

 

あと、「総務」については正直よく分かりません。ただ、離職率が少ないのは総務のような気もします。

 

製造部門は、基本バカが多いです。ただ、楽しい人達が多いのも製造部門です。また、人数も多いため色んな人がいて面白いです。その反面、いじめや差別的なものは必ずあります。

また、製造部門での経験は他の会社では全く役に立たないことも多いです。そして、周りの悪い影響を受けないように注意しなければなりません。

 

www.amenooto.com

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

 

「自分をしっかり持つ」

『スポンサーリンク』