あめの音ブログ

マイナス思考で頑張る世の中。ネガティブは世界を救う。

『スポンサーリンク』

製造業「お母さんがしっかりしている会社」がいい会社?

どうも『ぴんすと』です。

これは私が間違っているのかもしれませんが、「製造業」として、誰がつくっても同じものができるようにしなければならないという考えを元に、管理者は完璧な作業手順書をつくらなければならない。

また、トラブル時の対応や報告の仕方なども、迅速に問題が解決できるよう基準を決め対応させなければならない。

 

工場の現場作業員は作業手順書通りに、準備されたものを使い、手順書通りの作業をする

要するに、お母さんがお風呂あがりの着替えを用意してくれるような環境であり、順番通りにパンツから履いていくという感じに似ていると思う。

 

私が思ういい会社は、お母さんがしっかりしている会社だと思う。

お母さんがしっかりしている会社は、しっかりした人材が育ちやすい。

ただ、お母さんが頼りなくて子供がお母さんの世話をして上手く回る会社もあるが、あまりいい環境だとは思えない。

 

今の会社は後者だろう。こんな環境のため間違った「製造」をしてしまう者も多い。こんな会社では「製造業」という経験にもならない。

製造業で会社を選ぶ時、お母さんがしっかりした会社を選ぶようにした方がいい。

ただ、実際働いてみないと分からないので、働いてみてヤバいと思ったら辞めるべきなのかもしれない。

ただ、見極めは非常に難しく、簡単に見極める方法として、1年働いても「不安」や「孤独」を多く感じる会社は危ないかもしれない。

2〜3年目でも不安を感じるということは、しっかりした教育システムができていないボロボロの会社かもしれない。

 

っという個人的な感想です。

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

 

「お母さんが厳し過ぎる会社にも注意!」

『スポンサーリンク』